WATALISの商品が出来るまで

WATALISの商品が出来るまでをご紹介します。

着物の到着

着物が入荷します。全国の箪笥に眠る着物が集まってくるため、事務所前に段ボールが山積みになる日もあります。

陰干しと生地の状態のチェック

防虫剤等の匂いを飛ばすために陰干しし、生地の状態をチェックします。

ほどき、洗濯、陰干し

紐解(ほどき)を行ない、洗濯し、風通しの良い日陰で干します。

アイロンがけ、生地のコンディションの確認と記録

アイロンを掛け、シミや穴があれば糸やマスキングテープで印をつけながら反物状に丸めます。

デザイン作業、着物生地、合わせる裏生地、紐の選定

色柄を活かせるような商品デザインとサイズを検討し、着物生地に合う裏生地と紐を選びます。

裁断と縫製

着物地と裏地を裁断し、工程ごとに縫製作業を行います。

クオリティチェック

社内の検品基準に基づいて、サイズ、ステッチの曲がり、紐の長さ、ボンボリの形をチェックします。基準に満たないものは、解いて修正します。出荷前に検針器で針の有無を確認します。

販売、出荷計画

各商品の特性から販売する場所を決めます。販売委託先には、梱包後に販促物と一緒に配送します。

完成したWATALISの商品

着物地に新たな命が吹き込まれ、再びたくさんの人に手渡されています。